« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

夏至

Tarot2_1 今日は夏至ですね。

1年で1番昼が長い日・・・。といっても今日は全く太陽が見えなかったので、ピンときませんー。

今日から太陽はかに座に入ります。

かに座の人は、これから誕生日まで、色んなことがあると思います。いいことも、そうでないことも・・・。イベント盛りだくさんでしょう。

私は占星術だけでなく、タロットも好きです。

先日、友達が切羽詰まった感じで電話をしてきました。
「できたかもしれない・・・。」

このままいけば結婚する、という彼が相手なので大丈夫でしょ?と思ったのですが、
彼女のポリシーとして、できちゃった結婚は、絶対イヤなんだそうです。

もしできてたら堕ろす!と息を荒げて言うので、「ちょ~っと待ったァ」、ととりあえず落ち着かせようと思ったのですが、泣き出してしまってテンションが下がらない下がらない・・・。

そこで、タロットを引いてみることにしました。
占うことがハッキリしているので、1枚だけ引きました。

女教皇】。

「大丈夫だと思うョ。多分妊娠してないよ。もう少し様子みてごらん。」
と自信たっぷりに答えました。

彼女もそれでやっと落ち着きを取り戻してくれました。

女教皇は、あまり色気のないカードです。

プラトニック・ラブとか、処女性を表すとも言われています。
妊娠とはほど遠い感じ。

や、月の女神アルテミスも関係あることから、
「もしかしたら、生理が近いかもよ・・・」

数日後、彼女からまた電話があって、あのあとすぐに生理がきた、と。

 ということで、今日のイラストは、女教皇です。

いずれ自分でタロット画デザインして描くのが夢なんです。

今日のイラストは、タロットの中で1番メジャーな、ウェイト版と同じ構図で描き始めてみました。

女教皇は、頭がよくて、クールな女性です。セーラーマーキュリーこと亜美ちゃんのイメージがダブりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かに座

Image7 じょーじさんのホロスコープ見ました。何かがあったのが、何時頃か分かればいいんですけど・・・。

更新がなくなると、さびしーです。

今日の星のお話は、かに座について。

かに座の守護星(ムーン)です。

イラストは、セーラームーンことうさぎちゃん、七夕バージョン(笑)!

うさぎちゃんの母性本能が強くて、前向き、そして泣き虫なところは、かに座のイメージにピッタリです。

かに座は、のエレメンツで、活動宮、女性星座、です。

月の満ち欠け象徴されるように、感情が移ろいやすいです。
保護防衛本能が強く、自分の周りのものを守ります。

(感情型)ゆえに、判断の基準は、「好き嫌いか」。
活動宮なので、ここぞというときは、自分から動きます。

私の周りのかに座が強い人は、感情の起伏が激しく、「今泣いたカラスがもう笑ろた」状態。

ウチ弁慶タイプで、気心の知れた仲間と遊ぶのが大好き。
自分が大好きな人のことを何でもマネしたがるところも。

子ども好きで、温かい家庭を求める人が多いです。

 天の川の星の配置バランスが悪いので、描き直そぉっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかえりなさいっっ

Marcurycolor_1 じょーじさんっ、おかえりなさい~~っ☆
すっごい日焼けですねー。
私も焼けると真っ赤になって火傷のようになります。
お風呂に入ると痛いんですよ~。

今日の星のお話は、ふたご座について。

ふたご座の守護星水星(マーキュリー)です。

各星座には守護星が決まってて、その星のイメージもまた星座のイメージに色をつけています。

イラストは、マーキュリーこと亜美ちゃんなんですけど、彼女は実は9月生まれのおとめ座だったりします。

例外的に、水星(ふたご座&おとめ座)と、金星(おうし座&てんびん座)は、2つの星座を守護しているんです。
亜美ちゃんのまじめでおとなしいイメージは、おとめ座からきています。

ふたご座は、のエレメンツで、柔軟宮、男性星座、です。

好奇心知識欲が旺盛です。興味の範囲は幅広いけど浅く広くなりがち。
伝達能力に長けていて、おしゃべりメールが大好き。文章を書くのも得意かな。

(思考型)ゆえに客観的に物事を判断します。クールで移り気な面も。
柔軟宮なので、フットワークがとても軽く機転がききます。

私の周りのふたご座が強い人は、話がとてもおもしろく、その話術に吸い込まれていきます。
ただ、第一印象、軽薄な人が多かったりします(汗)。

 今日のイラストは、私にしては短時間でザカザカと描きました。どんどん仕上がっていくのが、とても楽しかったです。こんな感じのざかざか絵をいっぱい描こぉっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »