« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月

4月の月間占い☆

Photo 4月1日のホロスコープをみますと、

おひつじ座の太陽が、かに座の火星とハードな角度をとっています。

やる気があり過ぎて力が拮抗しています。

新年度が始まり、気分も一新。

今までホロスコープのみでみていた週末占い、

タロットも導入してみたいと思います。

☆☆4月の週末占い☆☆

★4/4~6の週末、

愛と調和の絶対的な力をもってすれば、何事もおさめることが出来ます。

自分の苦手な人にも優しくする勇気を持ちましょう。

/6にはおひつじ座で新月が起こります。

その直後に、平和の象徴金星がうお座→おひつじ座に入ります。

アファメーション新月が起こった直後に願い事をするとかないやすい、というもの)をしてみるのもいいでしょう。

おひつじ座キーワードは、チャレンジ、開拓、猪突猛進、出発、勇気、自立、自信、行動力、まっすぐ、うぬぼれ、自分らしさなどです。

★4/11~13の週末、

現状に不満があり「ナンとかしなければ」と思っているところ、

行っちゃえやっちゃえと誘惑のささやきがあります。

★4/18~20の週末、

調和が取れて満たされている状態。

行動力も伴います。

20日に太陽がおひつじ座→おうし座に移り、満月も迎えますが、運気は安定しています。

満月の日には、お金に関するよい氣が充満しているそうです。

外に出て満月に向かい、お財布(カラ状態にして)や通帳を、フリフリすると臨時収入が期待できるかも♪

「お月様ありがとう」という感謝の気持ちも忘れずにネ!

★4/25~30のゴールデンウィークの前半、

一時的な成功を手に入れて幸せすぎて怖いかも。

様々な幻想を思い描き、理想化してしまいそう。

今回のイラストは「チャクラ」を記したものです。

人間には、脊柱から脳の中心へ通る「氣の通り道」があり、そこにある中継地点チャクラと言います。

主要な7つのチャクラは、イラストのように点在しています。

肉体と精神の健康のためには、チャクラのバランスを整えることが大切です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の月間占い☆

実際の春分点は天球に対して逆にずれ、

今は魚座から水瓶座に移行するあたりです。

水瓶座時代においては、

無条件で無限の愛を体現します。

ここ数週間で意識の変容があった私に届いたメッセージは、

基本に愛のある行動をとればいい」

基本に愛と感謝のある言葉を話せばいい」

というもの。

「愛と感謝のある言葉や行動」

かどうかは、

頭で考えるのではなく、

心や頭の中を真っ白(=無の状態)

にしたらおのずと分かってきます☆

☆☆3月の週末占い☆☆

★2/29~3/2の週末、

仲良くなり過ぎてすっかりお友だち感覚に。

もっと親密な恋人関係を望むなら、今は少し引いてみるときかも。

逆にワイワイみんなで騒ぐのはとても楽しめるでしょう☆

2日に月がやぎ座に入るので、気分的には少し落ち着くかも。

★3/7~9の週末、

波乱の予感がします。

新月の前後は精神的にも不安定でしょう。

現実を見失った妄想的発言をしてしまうかも。

9日の深夜1時頃、波乱の配置はMAXです。

事件や事故、天災などに要注意。いちお非常用リュックを確認しておいてね。

/8にはうお座で新月が起こります。

アファメーション新月が起こった直後に願い事をするとかないやすい、というもの)をしてみるのもいいでしょう。

うお座キーワードは、

献身、自己犠牲、幻想、空想、現実逃避、被害妄想、陶酔、芸術、瞑想、霊的、直感的、精神世界、ワンネスなどです。

★3/14~16の週末、

先週とは打って変わって、とても楽天的♪

ホワイトデーから15日にかけては恋愛運も好調。

ちょっと古風な考え方を堅苦しく感じるかも。

でもラブラブなら気にならないかな。

お家でデートもおすすめ。

★3/21~23の週末、

春分点を過ぎて太陽はおひつじ座に入り、

占星術的な新しい1年の始まりです。

22日は満月

自分について追求したくなりますが、

深くなり過ぎてワケ分からなくなるかも・・・。

満月の日には、お金に関するよい氣が充満しているそうです。

外に出て満月に向かい、

お財布(カラ状態にして)や通帳を、

フリフリすると臨時収入が期待できるかも♪

「お月様ありがとう」

という感謝の気持ちも忘れずにネ!

★3/28~3/30の週末、

誰かのためになりたいという想いが暴走して、

何かを変革しようとしています。

想いは力強いのですが、

行動がチグハグで望んだ結果にならないかも。

今回のイラストはうお座と関係のある、

タロット「吊られた男」のイメージ。

罪を犯した人が木に片足で吊られて罰せられていますが、

その顔は穏やかで、

後光が差しているカードまであります。

「吊られた男」は12番目のカードに当たります。

うお座も最後の12番目の星座。

心理占星学的にいうと、

12番目は無意識の世界と深いつながりがあります。

自我がなくなり、無意識の海に溶けていく感覚。

そして悟りの境地へ・・・。

20083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »